クリニックでの勤務

看護師というとまず真っ先に思い浮かぶのは、大きな病院で夜勤などもこなしながら働く看護師。
実際、看護師になるための実習などは、夜勤などの経験も必要なことから大規模な病院で経験をつむことが多いです。
また、最新の看護情報などの研修なども盛んに行なわれるので、若くて恋や結婚などよりも仕事が優先と考える人たちにとっては大規模な病院のほうが向いていると考えられます。
仕事に関しても、ころころと患者さんが変わっていくため、専門的な技術を練習したり、看護に対しての自分なりの考え方をまとめるのにもむいているといえます。
それに対して、クリニックなどはより地域に密着した医療や看護が求められます。
患者さん一人一人に対応する機会が多く、通う患者も地域の人が殆どのため、大規模な病院より一人一人に密着した看護が求められます。
反対に言えば、患者さんにとってみればクリニックは他にもありますから、看護師のちょっとした態度の変化で患者を他のクリニックに取られてしまうこともあります。
ですから、笑顔で気持ちよく応対のできる人が求められます。
クリニックのメリットは、大規模病院のような夜勤など不規則な勤務が基本的にはないため、生活にリズムをつけることができます。
また、日曜や祝日は休みになることが多いので、子供や家族とゆっくり過ごす時間も持てます。
さらに、大規模な病院などに比べて勤務人数も少ないため、人間関係の悩みも少ないようです。
医師や受付など、他職種との連携も良好です。
ただ、クリニック勤務でデメリットもあります。研修や勉強会といった機会が少ないことが考えられるため、その場合さらにキャリアアップを目指す人たちにはむかないでしょう。
また、夜勤などがない分、大規模病院に比べると収入の点でかなり劣ります。
私生活より仕事が優先という人にはクリニック勤務より大規模病院勤務をおすすめします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です