看護師の職場選び

看護師の仕事は大きく2つに分けられます。患者の看護を行うことと医師の診察の補助を行うことです。入院病棟での勤務だとわかりやすいですが、患者の食事やトイレ、入浴の介助、寝返りが打てない患者の手伝いなど、患者に対しての看護は体力的なものがたくさんあります。また、患者とコミュニケーションを取ることなども看護のうちに入ります。看護師の仕事は働く場所で変わったりもします。総合病院では看護師が採血や点滴などをするのが当たり前ですが、大学病院では看護師が出来るのは採血までで、他の処置は医師がすべて担当することが多いようです。その場合、看護師が出来るのは看護のみになります。これは、大学病院は医療の研究機関なので医師が医療に責任をもつ、専門性を持つという特性があるからです。ですので自分が看護師としてどういったことがしたいのか、というときに職場を選ぶ指針になると思います。看護師として医療技術を磨きたいと思うのであれば診療科の選択も重要ですが総合病院を選んだ方が良い場合もあります。看護の道を極めたいとするならば大学病院を選んで働くのもいいと思います。結婚や出産などで一度看護師をリタイアしたという人は、まずはクリニックなど個人医院で働いてもいいと思います。個人医院では軽い症状の人が来ることが多いのでそれほど処置も必要がないため復帰後の職場としては最適です。しかし、看護師として経験を積みたい、さらなるキャリアアップをしたいという人は最初はクリニックでもその後は病院にう転職したほうがいいかもしれません。

看護師になりたいと思っている人に、こちらのサイトが参考になれば幸いです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>